ココログ ログインココログ登録お知らせ

« ロボット学会委員会 | トップページ | ASIMOのデモ »

February 03, 2006

MITの授業の1つで

おひさしぶりです。遠藤です。
先川原さんが好きそうな話題をひとつ。

いま、MITはセメスターの合間のIAP(Independent Activities Period)という期間にあります。このIAPとは1月に行われるもので、1ヶ月の期間さまざまな授業が用意されています。この授業は普段のものとは異なり、学生がオーガナイズして行うものです。

そのIAPの授業のひとつにAutonomous Robot Design Competitionというものがあります。これは、レゴなどを使ってロボコンのようなものを行う授業で、今日2/2にそのファイナルが大教室で行われました。大教室の前には、予選で敗れたロボットが飾られていました。

IAP2006_1


教室に入るとすでにたくさんの観客がコンペティションが始まるをまっていました。


IAP2006_2


始まるころには立ち見の人がでるにまで、増えました。

ロボットのゲームの内容は、テーブルの上にならんだボールを相手の陣地まで多く運んだほうが勝ち、というもの。よく日本でもみるようなものでした。

それよりも本当に驚いたのが、スポンサーの数。全部あげてみると
MIT
LEGO
GM
Microsoft
intempco
Analog Device
Hawker Energy
Ford
SHARP
Bank of America
3M
iRobot
Google
Guidant foundation
shlumberger

銀行までがスポンサーになっている。この授業を始めた学生の努力がすごい。

IAPは学生ならだれでも授業をオーガナイズできるので、Robo-oneとかできたらおもしろいと思いますが。。。。日本のヒューマノイドロボットを売っている企業の方々、どうですか?

2006 02 03 [学問・資格] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38826/8480066

この記事へのトラックバック一覧です: MITの授業の1つで:

コメント

コメントを書く






このページのTOPへ